シンポジウム情報

日本学術会議  第4回 材料工学委員会シンポジウム 一般公開
「材料工学のこれからの教育と研究」
〜 学士課程教育の参照基準と科学・夢ロードマップ 〜
多くの方にご参加いただき、 無事終了 いたしました。
日時 : 2014年4月25日(金) 13:30〜17:30 (受付開始 13:00〜)
会場 : 日本学術会議 講堂 (東京都港区六本木7-22-34)
参加費 : 無 料
主催 : 日本学術会議材料工学委員会、 材料工学将来展開分科会
共催 : 軽金属学会、 高分子学会、 材料戦略委員会、 材料連合協議会、
資源・素材学会、 全国大学材料関係教室協議会、 日本MRS、
日本金属学会、 日本鋳造工学会、 日本鉄鋼協会、
粉体粉末冶金協会、 溶接学会
後援 : 日本材料学会、 日本セラミックス協会、 日本バイオマテリアル学会、
腐食防食学会
協賛 : 日本塑性加工学会

開催趣旨

ポスター(PDFファイル)  日本学術会議は、文部科学省高等教育局長からの審議依頼に応えて2010年にとりまとめた回答「大学教育の分野別質保証の在り方について」に基づき、分野別の教育課程編成上の参照基準を策定することを提案しました。
材料工学分野においてもその趣旨に基づく参照基準を材料工学委員会・材料工学将来展開分科会合同の分科会で審議し、この度「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準材料工学分野」の原案をまとめました。
この参照基準は、材料工学の教育課程を開設する大学および材料工学教育に関心のある方々に広く利用していただくために公表される予定です。
また、日本学術会議では昨年から理学・工学分野における科学・夢ロードマップの策定を進めており、材料工学分野においても関連学協会等の協力を得て中長期的な展望をまとめた「材料工学分野科学・夢ロードマップ」を策定しました。本シンポジウムで報告し広くご意見をいただきます。

プログラム

13:30-13:40 開会にあたって  前田正史
(日本学術会議会員、材料工学委員会委員長、東京大学理事・副学長、教授)
13:40-14:10 基調報告「大学教育の分野別質保証と参照基準」
東京理科大学大学院科学教育研究科教授  北原 和夫
(日本学術会議特任連携会員、大学教育の分野別質保証委員会企画連絡分科会委員長)
14:10-14:40 分科会報告「材料工学分野の参照基準案について」
東京大学大学院工学系研究科教授  小関 敏彦
(日本学術会議連携会員、材料工学分野参照基準・ロードマップ検討WG委員)
14:40-14:50(休憩)
14:50-15:20 基調報告「第三部における科学・夢ロードマップ策定と更新」
科学技術振興機構研究開発戦略センターフェロー  渡辺美代子
(日本学術会議会員、第三部 科学・夢ロードマップ ワーキンググループ委員長)
15:20-15:50 分科会報告「材料工学 科学・夢ロードマップ改訂版のポイント」
物質材料研究機構ナノ材料科学環境拠点マネージャー  長井  寿
(日本学術会議連携会員、材料工学分野参照基準・ロードマップ検討WG委員、
材料工学将来展開分科会副委員長)
15:50-16:00(休憩)
16:00-17:00 パネルディスカッション・総合討論
【モデレーター】
  ・吉田豊信 (日本学術会議会員、物質材料研究機構フェロー、東京大学名誉教授)
【パネリスト】
  ・小関敏彦 (日本学術会議連携会員、東京大学大学院工学系研究科教授)
  ・長井  寿  (日本学術会議連携会員、物質材料研究機構ナノ材料科学環境拠点マネージャー)
  ・森田一樹 (日本学術会議連携会員、東京大学大学院工学系研究科教授)
  ・松宮  徹  (日本学術会議連携会員、新日鉄住金株式会社顧問)
  ・西村  睦  (物質材料研究機構水素利用材料ユニット長、透過膜材料グループリーダー、
          材料戦略委員会幹事)
      閉会の挨拶  中嶋英雄
(日本学術会議会員、材料工学委員会副委員長、若狭湾エネルギー研究センター所長、
大阪大学名誉教授)
© 2013 Copyright  |  MAEDA Laboratory, Institute of Industrial Science, The University of Tokyo  |  All Rights Reserved